教師という資格

学校の先生も教員免許という資格を持っています。大学や短大で教職課程を履修してやっと取得できる時間のかかる資格一つだと思います。また、ほかの多くの資格と同じく免許を持っていて仕事ができるわけではなく、自治体による採用試験に受からないと教員として働くことができません。先生になるための資格とは教員免許を持ち採用試験に受かることということになりますが、それだけで本当の資格があるのでしょうか?ニュースでよく先生による不祥事を耳にします。教師も人間という言葉で片付けるには、あまりにも多くないでしょうか?教員資格認定試験や教員採用試験の内容は、どのようなものであるのか私はよく知りませんが、人間性とか人物とかもしっかり判断されているのでしょうか?先生という仕事は、多くの子供に接してその子供たちに場合によっては大きな影響を与えます。教師は聖職者であれ!とまでは言いません。それでもやはり先生には最低教育に対する情熱を持っていただきたいと思います。有名な教師を題材にしたドラマの中に「我々は機械や人間を作っているんじゃない人間を作っているんです。」というセリフがあります。確かにあまりに多くの期待を先生方に持つのは酷かもしれません。ただ、教員の多くが公務員であり、安定のみを求めて教員になろうという考えでは、先生になっていただきたくないと思います。人間を作っているこの言葉には、将来の日本を作っているという意味が込められているのではないでしょうか?教師を目指す人には先生の資格は免許や試験のみでないことを理解していただきたいと思います。教師のみならず看護師や看護助手の資格についても同じことが言えるのではないでしょか。

Posted by admin in 未分類

コメントをどうぞ

  Some XHTML allowed.